26

外野手

鈴木 一矢

Kazuya Suzuki

今シーズンの意気込み

とにかく自分が試合に出てチームに貢献していきたいです。 目標は、日本一になること。そこしか見ていません。

ファンの皆さまへ

はじめまして。京大出身の鈴木一矢です。生活の全てを野球に懸けてがんばりたいと思います。応援よろしくお願いします。

鈴木 一矢カード

プロフィール

鈴木 一矢サムネイル画像
投打
右投左打
ニックネーム
かずや
アピールポイント
全部
出身地
愛知県
出身校
岡崎葵ボーイズ ー 刈谷高校 ー 京都大学
血液型
B型
趣味
ゴルフ
好きな言葉
在野精神、運命に勝つ
休日の過ごし方
家から出ない
尊敬する人
Larry Wheels
アルバム01
アルバム02
アルバム03
アルバム04
アルバム05
アルバム06

ヒストリー

野球をはじめたころ

自分の住んでいる地域にはソフトボールチームしかなく、小学3年生からソフトボールを始めた。始めたきっかけはあまりよく覚えていないが、おそらく父に連れられて行ったのがきっかけだ。始めたばかりのころは、球が怖くて逃げてばかりだった。そのたびにコーチに「ちゃんとボールを見ないとケガするぞ」と怒られていた。先輩にあこがれて小学校4年生からはピッチャーをした。小学6年生で身長は140cmくらいしかなく小柄だった。でも、ピッチャーとして出場した大会で、愛知県3位まで勝ち進んだ。毎日父や祖父とピッチング練習や素振りを欠かさずしたことが、一番の思い出だ。
中学・高校時代

中学では学校の部活動ではなく、硬式のクラブチームに入った。しかし、周りのレベルが非常に高くほとんど試合に出場する機会はなかった。野球では勝つことはできないと悟り、勉強に目覚めた。猛勉強の末、県内屈指の進学校、刈谷高校に合格。そして、高校でも野球部に入部したが、最初の2年間はほとんど出場機会はなく、3年からようやく試合に出場できるようになった。2年の秋3年の春はベスト16まで勝ち進んだものの、夏は初戦敗退で終わってしまった。野球部引退後は受験勉強に勤しみ、名古屋大学を受験したが不合格。そこから一年間の浪人生活が始まった。1日14時間の猛勉強の末、京都大学経済学部に合格することができた。勉強時々野球といっても過言ではない中学・高校時代だった。
大学時代

浪人していたため1年半野球から離れ、また入学直後に食中毒で1ヵ月以上入院してしまったことで野球部に入るか悩んだが、入部を決意。京大では指導者が練習にこないことは当たり前で、自分たちで1から練習メニューを決めていた。自分たちで考える野球は予想以上に楽しくやりがいがあり、大学4年間は人生で一番野球が楽しいと感じた。そして一番上手になったと実感している。引退後は就職活動もしていたが、やっぱり野球を続けたいと思い、いろいろな企業チームの練習に赴いた。最終的に日本新薬への入社が決まった。社会人まで野球ができているのは、京大野球部のおかげだと感謝の気持ちでいっぱいだ。日本新薬で活躍して恩返ししたい。
ヒストリー1-1
ヒストリー3-2
ヒストリー4-1