「第64回京都府高野連冬季トレーニング講習会」で実技指導を実施しました。

DSCN2034.JPG11月25日(日)、冬晴れのもと、第64回京都府高野連冬季トレーニング講習会が開催され、日本新薬硬式野球部はわかさスタジアム京都にて、実技指導を実施しました。参加者は73校、292名の球児達です。

午前中は打撃を中心に、ロングティやフリーバッティングを行い、球児全員に指導を行いました。午後は、各ポジション別に分かれピッチャー陣は、屋外のブルペンでピッチング指導を受け、野手陣は、シートノック、ゲームノックを行い、より実戦に即した守備の技術を伝えたあと、内外野に分かれて守備練習や質疑応答を行いました。また、実技指導と並行して、スタジアム各所で球児たちのメディカルチェックも行われ、けがの防止や無理をしないことの大切さを京都府立医大メディカルセンターの職員の方々が伝えていました。

閉講式で、松下コーチは「失敗してもあきらめずにやっていく姿勢が必ず明日に繋がります。私たちも野球を再認識できる機会を頂き、勉強になりました。京都の野球を一緒に盛り上げていきましょう。」と締めくくりました。

DSCN2023.JPG     DSCN2006.JPG     DSCN2008.JPG