2022年 試合日程・結果

第149回京都府春季大会 準決勝

2022年3月20日

新薬は初回、1死3塁のチャンスをを作ると福永のタイムリーツーベースヒットで1点を先制します。

続く2回にも大崎のタイムリーヒットで3-0とリードを広げます。

先取点をもらった先発・肥後は、5回を投げ許したヒットは僅か2本と相手打線を完璧に抑えます。

しかし2番手・齋藤が6回、1死満塁から押し出しのフォアボールを与えて1点を奪われます。

嫌な流れを断ち切りたい新薬は6回に1点を追加すると続く7回、無死2,3塁のチャンスを作ると竹内(新人:東海大)のタイムリーヒットで1点を奪います。

さらに、代打大畑がスリーランホームランを放ち8-1とし大会規定でニチダイにコールド勝ちをおさめました。

1234567 R H E
ニチダイニチ 0000010 1 162
日本新薬 210001 8 8110
【投手】肥後・齋藤
【捕手】千葉

年間スケジュール

天候などの諸事情により練習場所や試合予定を変更することがあります。