2022年 試合日程・結果

第149回京都府春季大会 決勝

2022年3月21日

新薬は初回、2死満塁のチャンスを作ると大石のタイムリーヒットで2点を先制します。さらに竹内(新人:東海大)もヒットを放ち3-0とします。

無難な立ち上がりを見せた先発・小松でしたが3回、無死3塁とされると内野ゴロの間に1点を奪われます。続く4回には、2死2塁からヒットを許し1点差とされます。

なんとか流れを変えたい小松でしたが、5回には1死2塁からタイムリーツーベースヒットで同点とされると2番手・齋藤も内野安打を許してしまい3-4と逆転されてしまいます。

反撃したい新薬は9回、1死1,3塁のチャンスに相手バッテリーのミスで同点に追い付きます。

大会規定によりタイブレークとなる10回、1死2,3塁から舩曳がタイムリーツーベースヒットを放ち決勝点を奪います。

最後は、4番手・肥後がきっちりと抑え8-4でカナフレックスに勝利し、京都府春季大会を制しました。

12345678910 R H E
日本新薬 3000000014 8 890
カナフレックスカナ 0011200000 4 470
【投手】小松・齋藤・山上・肥後
【捕手】大橋・千葉​​​

年間スケジュール

天候などの諸事情により練習場所や試合予定を変更することがあります。