マネージャー

小西 伸幸

Nobuyuki Konishi

今シーズンの意気込み

昨年の都市対抗予選敗退という悔しい思いを糧に、チーム全体で努力しました。今年はその成果を都市対抗野球また各大会で発揮したいと思います。

ファンの皆さまへ

熱くプレーする選手達、チームスタッフ、ファンの皆様方が『笑顔』になれるよう、一緒に戦いましょう!!今後とも熱いご声援よろしくお願い致します!

プロフィール

小西 伸幸サムネイル画像
投打
右投右打
ニックネーム
マネージャー
アピールポイント
対応力
出身地
兵庫県
出身校
稲美中学校 - 東播磨高校 ‐ 天理大学
血液型
A型
趣味
スケジュール管理
好きな言葉
やることやれば、なんとかなる!
休日の過ごし方
子どもの野球
尊敬する人
両親

ヒストリー

野球を始めたころの思い出

小学生の頃は、平日は学校が終わると近所の友達と近くの神社で野球、土日は野球チームで終日練習でドロドロになるという生活・・・常に野球をしていました。
小学1~2年まではグランドに行っても砂遊び・・・
小学3年で野球を教えてもらえるようになり、しんどい練習が増えてきました・・・
小学4年で試合にでるようになったが野球が嫌になり、一度練習をズル休みしたことがチームスタッフにバレ、鬼コーチに厳しく指導されました・・・
なぜかそこから野球が好きになり頑張れるようになりました!!
中学・高校野球時代の思い出

少年野球では主に三塁手だったが、中学生に入り投手をすることになりました。
少年野球ではコントロールが悪くあまりストライクが入らなかったが、中学に入り朝練、トレーニングが増え少しづつ身体が強くなったのかコントロールが少し纏ってきたように覚えています。卒業後に野球部の顧問がサッカー部出身だと知る・・・
高校に入学し、中学よりさらに練習量が増え、指導も厳しくなっていったが、当時の監督(先生)から礼儀・気づく力・感謝・責任感・忍耐力等を学び、恩師と呼べる人との出会いと自分の土台を創ってくれた高校時代でした。ただ野球と勉強の両立は僕には不可能でした・・・
大学時代の思い出

大学では当時野球部寮がなく、初めての一人暮らし・・・食事面では親の有難みを痛感しました。また多くの先輩・同期・後輩と出会い、たくさんコミュニケーションを図り、一緒に笑い考え悩みましたが、毎日がフレッシュで楽しく野球に取り組めていたのを覚えています。
多くの仲間とプレーする中で、私は2年からリーグ戦に登板させて頂きました。自分で考えてトレーニングを行うようになったのもこの頃から・・・
この年ブラジル遠征に行き、慣れない食事で急性胃腸炎になり帰国したのを覚えています。
3年秋・4年春のリーグ戦では最優秀投手賞を頂きましたが、リーグ戦で優勝できず悔しい思いをしました。