好機生かせず、接戦の末敗退

 新薬先発中村は初回連打でピンチを招くと、併殺打の間に1点を奪われます。その後は、テンポの良い投球で、相手打線を7回3安打に抑えます。しかし、8回2番手加藤が犠飛で1点を追加されると、続く9回にも3番手川瀬が併殺崩れの間に1点を奪われます。新薬打線は、再三2塁までランナーを進めますが、タイムリーが出ず、8回に堂前のタイムリーで奪った1点に抑えられ、1-3で三菱重工広島に敗れました。