投手陣踏ん張り、逆転で第2試合勝利!

新薬先発榎田は毎回ランナーを背負う苦しい中、2回に連続タイムリーを浴び2点を先制されます。5回にも失策とタイムリーで2点を追加されます。反撃に出たい新薬打線は、3回福田のタイムリーで1点を返すと、8回相手の失策と四球等で好機を作ると、押し出し四球等で4点を返し、逆転に成功します。投げては、二番手滝谷・三番手中村の継投で、相手打線に追加点を与えず、JR東日本に5-4で勝利しました。