好機逃し、得点取れず敗退

新薬先発榎田は相手打線を6回まで3安打無失点に抑えます。7回連打を浴び3点を奪われ、2番手滝谷に交代しますが、滝谷も相手打線の勢いを止めることが出来ず4点を奪われます。8回には3番手大森が1点追加されます。反撃に出たい新薬打線でしたが、相手投手に4安打に抑えられ0-8でNTT西日本に敗れました。

その結果、次戦は、第3代表の選出枠で試合を行います。