2度目の優勝に向けて好発進!

新薬打線は、3回2死3塁から相手エラーで1点を先制します。先発の小松は、丁寧なピッチングで相手打線を6回まで無失点に抑えます。しかし7回ソロホームランを浴び同点とされ、8回1死2塁のピンチで2番手・新人山上に交代します。山上は堂々たる投球を見せますがヒットとエラーで1対2とされます。逆転された新薬は、連打と相手の守備の乱れに乗じ一挙6点を奪い再逆転に成功します。9回は岩本がしっかりと無失点に抑え、7-2でJFE東日本に勝利しました。