11

投手

山上 大輔

Daisuke Yamagami

今シーズンの意気込み

一年間けがをしないで、チームの勝利に貢献できるようなピッチングをしたいと思います。

ファンの皆さまへ

日本一を目指して少しでも早くチームの力になれるようにがんばります。応援よろしくお願いします。

山上 大輔カード

プロフィール

山上 大輔サムネイル画像
投打
右投左打
ニックネーム
ガミ
アピールポイント
角度のあるストレートとフォーク
出身地
京都府
出身校
オール山城 - 立命館宇治高校 ‐ 立命館大学
血液型
O型
趣味
美味しいものを食べること
好きな言葉
反骨心
休日の過ごし方
ゆっくり寝て、ゆっくり過ごす
尊敬する人
西川 大地
アルバム01
アルバム02
アルバム03
アルバム04
アルバム05

ヒストリー

野球をはじめたころ

野球を始めたのは小学校4年生の時。友達が野球をしていたことがきっかけだ。野球を始めた当初は、とても下手でルールもわからずそこまで野球が好きではなかった。試合に出た記憶もあまりなく、ただただ土日が嫌だった思い出がある。小学5年生のときに、軟式野球から硬式野球のリトルリーグに移った。そのリトルリーグのチームで少しずつ野球の楽しさが分かるようになっていった。そのチームは人数は少なかったが、個人の能力は高かった。そんなチームでエースではなかったが、少しずつ試合に出してもらえるようになり野球が好きになっていった。チームも強く西日本で3位になったのがよい思い出になっている。
中学・高校時代

中学時代も硬式野球チームに入部した。中学のチームはとにかく弱く、公式大会で勝ったことがほとんどなかった。中学では人数が少なかったこともあり、キャッチャー以外のポジションをすべてこなした。投手だけでなく、いろいろなポジションを経験できたことが、今のプレーに生かされていると思う。
高校では家から近くの高校が良かったということもあり、立命館宇治高校に入学した。1年生から目をかけてもらい、多くの経験を積むことができた。チームは甲子園に出場することができず悔しい思いをしたが、野球の難しさや深さを知ることのできた大きな3年間になった。
大学時代

高校が付属校ということもあり立命館大学に進学した。大学の野球部の練習が早朝からスタートするため、親元を離れて1人暮らしになった。立命館大学には、毎年甲子園に出場した選手がたくさん入部してくる。その選手より上手にならないと試合には出れないので、毎日コツコツと努力をした。努力や運もあって、1回生の秋からリーグ戦に出場することができた。大学では、2回生の春と4回生の春に全国大会に出場した。高校時代に甲子園に出場できなかったが、大学で全国大会に出場することができよい思い出になった。
ヒストリー3-1
ヒストリー3-2