15

投手(新人)

木下 隆也

Ryuya Kinoshita

今シーズンの意気込み

1年目らしくフレッシュにがむしゃらにプレーします。

ファンの皆さまへ

新人の木下隆也です。1年目らしく泥臭くフレッシュにプレーします。応援よろしくお願いします。

木下 隆也カード

プロフィール

木下 隆也サムネイル画像
投打
左投左打
ニックネーム
りゅう
アピールポイント
投げっぷり
出身地
奈良県
出身校
奈良大学附属高校 ‐ 佛教大学
血液型
O型
趣味
漫画、カラオケ、遠出
好きな言葉
なるようになる
休日の過ごし方
昼まで寝る。飲みに行く。
尊敬する人
大学の先輩

ヒストリー

野球をはじめたころ

最初はサッカーをやりたかったのですが、父に反対され野球を進められて、嫌々始めました。始めたころはボールが全く当たらなかったですが、徐々に上達していくのが実感でき、そこからは週に2日の野球が楽しみで仕方なかったのを鮮明に覚えています。今は投手ですが、小学生の頃は打つほうが好きだったので、投手をするのが嫌だったイメージがあります。
中学・高校時代

中学では他府県の選手が集まるようなチームで土日の野球がとても新鮮でした。また、礼儀やマナーに対して特に厳しいチームだったので、その面は今でも生かされています。またボランティア活動に多く参加するチームだったので、たくさんの人と触れ合う機会がありました。高校は最初の3か月と冬練が今でも思い出したくないくらい地獄の日々だったのを覚えています。それを乗り越え、2年夏に初めてベンチに入りました。3年時に、春夏ともに県大会準優勝で、甲子園があと一歩のところで負けてしまったので、楽しいよりかは苦い思い出です。奈良では天理、智辯学園の2強といわれている中でそこから勝利、また互角に戦えたことが誇りです。
大学時代

2回生時の全国大会準優勝、4回生時の関西選手権で優勝し明治神宮大会出場したのが思い出です。準優した時は、野球人生初めての全国大会でワクワクして投げていました。力はないチームでしたが多くの強豪大学を倒していったことが夢だと思うくらい信じられない気持ちになったのが特に覚えています。その後ケガをし投げられない期間があり、悔しい思いをしました。関西選手権では入学後、3回連続で予選で負けており、今年こそはと思いとケガでの悔し思いなど多くの思いを持って臨んだので優勝した際は4年の努力が報われた瞬間だったのでとても印象に残っています。
ヒストリー1-1
ヒストリー1-2